品川 床屋は高輪 手島理髪店|もみあげは男らしさや個性を出せる部分

自分で行う髭剃りやグルーミングの際に、うっかり剃り過ぎてしまう『もみあげ』。

短くなりすぎて『やってしまった!』という人もいるのではないでしょうか?

 

そもそも『もみあげ』とは、耳の前あたりに生えている髪の毛を指しますが、

垂れ下がるように生えているのに『もみあげ』って不思議ですよね。

e93d79204260c6cdf0c4d03deb603e6e_s

もみあげの由来は、江戸時代にさかのぼります。

武士の間で、もみあげにロウと松ヤニを混ぜたものを揉みこみ、上になで上げるようにして

固めるスタイルが男らしさを強調するとして流行したそうです。

この揉みこんであげるという所から、『もみあげ』とよぶようになったのでは?

と言われているのが1番有力な説です。

 

しかし、ひげが濃い方は、もみあげと髭の境界線って難しいですよね。

 

もみあげは髪の毛の中では太く、まっすぐ生えているため、髭ともみあげの見分けも難しく

すぐ伸びる場所でもあるので、こまめなお手入れが必要です。

 

伸びるスピードも、髪の毛が1日0.3㎜に対し髭は0.4㎜と見た目では分からないですよね。

大体のポイントとしては、耳たぶから鼻に向かって引いた線が、もみあげと髭の境界線の目安として

見るとバランスが良いかもしれません。

 

現在では、さすがに武士のように、もみあげを固めている人は見かけないのですが、男性にとって

もみあげは長くしたり、薄くしたり、髭とつながえてみたりと、男性らしさや個性を活かせる部分なのでは

ないでしょうか。

 

◎もみあげの形や髭とつなげた時の印象◎

 

☆もみあげの形☆

 

●フェイスラインに沿って整える・・・比較的どんな髪型にも合い、生えている自然の状態でもみあげの

両サイドを整えます。

IMG_0838

●前傾の形・・・耳側のもみあげを多めに剃り、頬に向かうようにして整える事で小顔効果も得られます。

ただし、もみあげが流れる長さが必要です。

IMG_0839

●四角い形・・・厳格な雰囲気になります。耳の横で平らに処理をします。

IMG_0840

●長いもみあげ・・・もみあげの最終ラインを耳たぶより下にします。小顔効果もありますが、面長に見えてしまう事も

あるので顔の形を選びます。

IMG_0841

☆髭とつなげる☆

IMG_0842

●あごのラインの外側・・・丸顔に見えるので、顔がシャープなのが気になる方向け

 

●あごのラインの内側・・・小顔効果があります。上の写真がこちらになります。面長に見えてしまう方向け

 

 

このように、もみあげや髭の整え方によって、顔の形をカバーしたり、強調したりもできます。

しかし、自分での手入れはなかなか難しい場合もあると思います。

そんな時は、お気軽にご相談ください。

 

男性にとって、もみあげは、髪型や髭と合わせてお洒落ができる部分と考え、個性を出して

こまめなお手入れをしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

品川でくつろげる床屋をお探しなら高輪 手島理髪店へどうぞ!

 

 

 

高輪 手島理髪店

〒108-0074
東京都港区高輪4-8-9 りぶ高輪403
電話番号:03-3443-8361
営業時間:平日:10:00~19:00
日・祝日:10:00~18:00